収入のない専業主婦でも申込めるキャッシングってあるの?

専業主婦でも申込めるキャッシングってあるの?というご質問ですが結論から言うとあります。それは消費者金融のキャッシングでは無く銀行のキャッシングです。消費者金融は総量規制で原則年収の3分の1までしか借りられない制限がかけられています。

 

総量規制では専業主婦でも配偶者と併せて年収の3分の1までなら借りられますが、配偶者の同意が必要、さらに配偶者との婚姻関係を証明する書類の提出が求められます。実際は配偶者の関係でアコム等の消費者金融で法律上は申込めるのですが消費者金融側がNGを出しています。

 

手続きに手間がかかるので消費者金融では専業主婦にはお金を貸していないです。しかし銀行のキャッシングは総量規制の対象外なので、配偶者の同意も配偶者との婚姻関係を証明する書類も不要です。ご利用限度額が30万円ほどと少ないので、配偶者の年収証明書類の提出も不要であることが多いです。

 

銀行のキャッシングでは銀行と保証会社と両方で審査しています。保証会社の保証が受けられれば保証人も不要、担保も不要でお申込みが可能です。審査では信用情報もチェックしており、もし過去にクレジットやローンの返済を滞納したことがあったり、任意整理や個人再生や自己破産などの債務整理を行ったことがあると審査に落とされてしまいます。

 

心当たりがある方は信用情報から削除されるまでお申込みしないほうが良いです。削除されたとしても滞納したり債務整理した債権者が銀行だった場合、その銀行のキャッシングにお申込みしても審査に受かることは厳しいです。

 

別の銀行でかつ、別の保証会社と契約している銀行のキャッシングに申し込まれたほうが良いです。収入を得ていない専業主婦は配偶者の収入の中から返済していくことになりますのでお申込み前にはきちんとご説明されたほうが良いです。
毎月の返済は残高スライドリボルビング方式で最少の返済額に設定されますので、配偶者の収入からでも返済しやすいです。配偶者から直接現金で貰っている場合は全国の金融機関やコンビニの提携ATMで、配偶者の口座から貰っている場合は、インターネットまたは口座からの自動引き落としで返済されると便利です。